読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FINAL FANTASY XV PLATINUM DEMO についての所感(あるいはおしっぱ問題への一考察)

どうもお久しぶりです。

なんか色々考察をほっぽっていたら、何時の間にか今日という日を迎えていました。

UNCOVERED FFXV、素晴らしかったです。発売日のリークという一大事をも吹き飛ばすような、度肝を抜くサプライズの連続でした。映画もアニメもトレーラーも何もかも、ただひたすらに興奮を高めてくれます。

ただ。

個人的に、無条件に称賛するわけには行かないな、と感じるものがあります。それがタイトルの「PLATINUM DEMO」です。

2014年のTGSに公開されたテックデモ映像を、プレイアブルな体験版として提供する、ということを出発点として作られたこの体験版は、本日イベント終了直後に、無料で配信されるというサプライズを提供してくれました。

 

 しかし、インターネット上での反応を(別に見る必要も無いのですが)見てみると、満場一致でもろ手を挙げての絶賛ではありません。国内の感想を引っ張るのは煩わしいので海外掲示板の反応を取り上げてみると、「グラフィックパフォーマンス」と「戦闘」に関する指摘が非常に多いです。

 この二つは、僕がプレイしていても確かに気にかかる部分でした。ただ、画質に関してはまだ最適化の時間は残されているでしょうし、最悪解像度を犠牲にしてでもfpsアンチエイリアスを優先すればいいのでは、と素人考えをしています。

 問題はバトル、なのですが。僕は、海外掲示板のガチガチアクションゲーファンとは違い、今回の体験版の戦闘のベース仕様に、致命的な欠陥があるとは思っていません。此処重要。まあブラッシュアップ出来る箇所(レスポンスなど)はまだあるでしょうが、そこに関しては上のグラフィックと同様時間が解決してくれると信じています。そこじゃないんです。

 

 今回の体験版のバトルの問題点、それは、

 

「仲間がいない」ことです。

 

 夢の中だから当然じゃん、という考えもあるかもしれないですが、それは違うんです。FFXVのバトルはアクティブ・クロス・バトル(AXB)、と呼ばれるシステムを目指しており、要するに仲間との連携を滅茶苦茶重視している。だから連携も4種あるし、田畑Dも「攻撃・防御・連携の切り替えが肝」といった趣旨を述べている訳です。

 しかし、今回の体験版には仲間がいない。従って、FFXVの戦闘における最大のフィーチャーであるはずの「連携」が丸ごとバッサリ取り除かれているのです。

 AXBにおいて連携の比重が高いのならば、他のシステムも当然連携を前提に作られているはずです。僕は、FFXVがいわゆる「おしっぱ」のシステムを採用したことの動機の一つとして、このリアルタイムの連携を重視しているがためなのではないか、と考えていました。つまり、左十字キーを使って仲間に頻繁に支持を与えるために、右手への意識の傾きをなるべく減らそうという試みなのではないかと。実際、現在の使用は右十字キーには武器変更もアサインされていますが、そうでなかったダスカ時代も攻撃はおしっぱでした。あれは将来の連携を想定したものだったのではないか、と。

 

 PLATINUM DEMOに立ち返ってみましょう。仲間は居なく、連携は出来ず、残されたのはおしっぱの攻撃。ダスカで慣れ親しんだ人ならまだしも、少なくともUNCOVEREDを見て「おっ」っと思ったアクションジャンキーの外国人が触れてみて、「おしっぱじゃんつまんね」と即断してNeoGAFに悪口を書いてしまう可能性は、否めないわけです。PLATINUM DEMOは、FFXVの戦闘のほんの一側面、表皮をなぞっただけなのに、その小量な一部分を、バトルの本質、コアを抽出したものだと勘違いされてしまうわけです。これは非常にもったいないと思います。

 

 更に言えば、田畑Dは1月にはこの体験版については、「戦闘もあるけれど、戦闘がメインというわけではない」という趣旨のことをおっしゃっています。田畑Dは、このことについてもっとはっきりと主張をすべきだったのではないかと、上記のような誤解が生まれてしまったことを受けると、どうしても考えてしまいます。一切の戦闘を取り除く、というのは、魔法や任意の武器チェンジが入った現行仕様で遊びたいという声も大きい以上難しかったでしょうが、せめてカーバンクルに連携指示を出させる、といった形で連携面もアピールできればよかったのではないか、と思います。

 

 あ、でも僕はこの体験版めっちゃ楽しんでます。城の前の伝統の周りをシフトしながら手裏剣を鉄巨人に投げるノクト君は、冗談抜きでサスケです。

 あとトレーラーめっちゃよかったです。スタンド・バイ・ミー、もっとみんな歌詞を考えたうえで感想を言うべきだと思います。

 

 ゲオで初回盤速攻で予約したおいもりでした。