読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22歳童貞としてのお務めについての及川守男のおことば

適当に生きているだけで22歳には簡単になれた。だが、22歳の大人には、未だになれていない。

 ライトノベルからジブリに至るまで、創作の世界の子供というのは昔から苦手だった。無論キャラクターとして好きになれた登場人物は山ほどいる。けれども、どれも子供として好きになれたことは無かった。どれも、絶対にどこか大人びたものを帯びていた。作り手が大人なのだから仕方ないのは当然だけれども、それが自分と同じ「子ども」であるとは、どうしても認識できなかった。強く意識するようになったのは高校生になってからだと思う。それはある種の不気味の谷のようで、高校が舞台になっているような物語で特にそう感じた。「こんな言動する高校生、いねえよ」なんて。野暮と言えばそれまでだが、シチュエーションとしての高校にセンチメンタリズムを感じることはあっても、それを自分に重ねられることは終ぞなかった。

 恐ろしいのは、それが22歳になった今でも変わらぬことである。未だに俺は、その大人びた子どもの精神性に共感できないで、「本当の子供」の目線から創作物を見、さらには現実を見ている。それが意味するところはすなわち、俺は未だに、高校生のころと変わらぬ精神性を保っているということだ。20なってすぐの頃は、「まるで心のタイムカプセルかシーラカンスみたいだ」などと冗談も言えたが、それから2年経ってもこれだとなると、流石に不安と恐怖は大きくなってくる。未だに自分は、大人が何たるかを知るに至れていない。どころか、大人を取り繕う準備すらできていない。
 
 一体何が大人になるために必要で、俺は一体何が欠けているのだろうか。そんな自問自答も、直ぐに霧散してしまう。怠惰に過ごし続けもう半分を過ぎようとしている夏が、その未熟さを強く反映している。
「恋愛経験の有無なのだろうか」とも考えた。恋をすれば、愛する人が出来れば、変わる者が有るのだろうか。だが鶏と卵のような気もする。子どものままであれば、恋人など出来ず、変われぬままなのではないか。
 
 就活が半年もしない内に本格的に始まる。会社が子供を採用してくれるかどうかは分からない。隣の部屋で、高校生だったころと変わらぬような生活をしている弟は、いつの間にか社会人になっていた。大人になることがどのような変化なのか、俺は未だに掴めずにいる。

 22という数字から連想されるのはたった二つしかない。それは今日という日付それ自体と、世界最強の戦闘機、F-22である。F-22は昔から大好きで、中学生の頃はノートの切れ端によくスケッチを描いていた。エースコンバットというゲームにドはまりした結果だった。周囲がPSPのモンハンばかりやってる中、一人PSP版のエースコンバットをやって周囲から浮いて後に虐められる一因となったくらいだから、半ば逆恨みのようなものでもあるが、因縁がある。だが、人生を動かすほどのものではない。

 歳を重ねる事と経験を重ねることの乖離が日々進んでいる。毎日がどんどんと薄まり、劣化していく。だからといって、大人になることは一般にはそれがさらに進むことだろうし、そういう意味では大人になりたいわけでもない。ただ、周りがそうなるのに自分が置いて行かれることが怖いだけだ。この恐怖もいずれ薄まり、劣化していくことも怖いのかもしれない。適度な恐怖と安定。その均衡が決して安定的ではないことを、理性では理解しているつもりではある。

FINAL FANTASY XV PLATINUM DEMO についての所感(あるいはおしっぱ問題への一考察)

どうもお久しぶりです。

なんか色々考察をほっぽっていたら、何時の間にか今日という日を迎えていました。

UNCOVERED FFXV、素晴らしかったです。発売日のリークという一大事をも吹き飛ばすような、度肝を抜くサプライズの連続でした。映画もアニメもトレーラーも何もかも、ただひたすらに興奮を高めてくれます。

ただ。

個人的に、無条件に称賛するわけには行かないな、と感じるものがあります。それがタイトルの「PLATINUM DEMO」です。

2014年のTGSに公開されたテックデモ映像を、プレイアブルな体験版として提供する、ということを出発点として作られたこの体験版は、本日イベント終了直後に、無料で配信されるというサプライズを提供してくれました。

 

 しかし、インターネット上での反応を(別に見る必要も無いのですが)見てみると、満場一致でもろ手を挙げての絶賛ではありません。国内の感想を引っ張るのは煩わしいので海外掲示板の反応を取り上げてみると、「グラフィックパフォーマンス」と「戦闘」に関する指摘が非常に多いです。

 この二つは、僕がプレイしていても確かに気にかかる部分でした。ただ、画質に関してはまだ最適化の時間は残されているでしょうし、最悪解像度を犠牲にしてでもfpsアンチエイリアスを優先すればいいのでは、と素人考えをしています。

 問題はバトル、なのですが。僕は、海外掲示板のガチガチアクションゲーファンとは違い、今回の体験版の戦闘のベース仕様に、致命的な欠陥があるとは思っていません。此処重要。まあブラッシュアップ出来る箇所(レスポンスなど)はまだあるでしょうが、そこに関しては上のグラフィックと同様時間が解決してくれると信じています。そこじゃないんです。

 

 今回の体験版のバトルの問題点、それは、

 

「仲間がいない」ことです。

 

 夢の中だから当然じゃん、という考えもあるかもしれないですが、それは違うんです。FFXVのバトルはアクティブ・クロス・バトル(AXB)、と呼ばれるシステムを目指しており、要するに仲間との連携を滅茶苦茶重視している。だから連携も4種あるし、田畑Dも「攻撃・防御・連携の切り替えが肝」といった趣旨を述べている訳です。

 しかし、今回の体験版には仲間がいない。従って、FFXVの戦闘における最大のフィーチャーであるはずの「連携」が丸ごとバッサリ取り除かれているのです。

 AXBにおいて連携の比重が高いのならば、他のシステムも当然連携を前提に作られているはずです。僕は、FFXVがいわゆる「おしっぱ」のシステムを採用したことの動機の一つとして、このリアルタイムの連携を重視しているがためなのではないか、と考えていました。つまり、左十字キーを使って仲間に頻繁に支持を与えるために、右手への意識の傾きをなるべく減らそうという試みなのではないかと。実際、現在の使用は右十字キーには武器変更もアサインされていますが、そうでなかったダスカ時代も攻撃はおしっぱでした。あれは将来の連携を想定したものだったのではないか、と。

 

 PLATINUM DEMOに立ち返ってみましょう。仲間は居なく、連携は出来ず、残されたのはおしっぱの攻撃。ダスカで慣れ親しんだ人ならまだしも、少なくともUNCOVEREDを見て「おっ」っと思ったアクションジャンキーの外国人が触れてみて、「おしっぱじゃんつまんね」と即断してNeoGAFに悪口を書いてしまう可能性は、否めないわけです。PLATINUM DEMOは、FFXVの戦闘のほんの一側面、表皮をなぞっただけなのに、その小量な一部分を、バトルの本質、コアを抽出したものだと勘違いされてしまうわけです。これは非常にもったいないと思います。

 

 更に言えば、田畑Dは1月にはこの体験版については、「戦闘もあるけれど、戦闘がメインというわけではない」という趣旨のことをおっしゃっています。田畑Dは、このことについてもっとはっきりと主張をすべきだったのではないかと、上記のような誤解が生まれてしまったことを受けると、どうしても考えてしまいます。一切の戦闘を取り除く、というのは、魔法や任意の武器チェンジが入った現行仕様で遊びたいという声も大きい以上難しかったでしょうが、せめてカーバンクルに連携指示を出させる、といった形で連携面もアピールできればよかったのではないか、と思います。

 

 あ、でも僕はこの体験版めっちゃ楽しんでます。城の前の伝統の周りをシフトしながら手裏剣を鉄巨人に投げるノクト君は、冗談抜きでサスケです。

 あとトレーラーめっちゃよかったです。スタンド・バイ・ミー、もっとみんな歌詞を考えたうえで感想を言うべきだと思います。

 

 ゲオで初回盤速攻で予約したおいもりでした。

 

FFXVのファンミーティングに参加してきました

 去る3月12日土曜日に、新宿のスクウェア・エニックス本社にて行われた「FINAL FANASY XV」ファンミーティングに参加してきました。月初めごろにTwitterで行われていた抽選に軽い気持ちで応募してみたところ、まさかの当選。自宅の庭で小躍りするほど喜びましたが、当日は朝から緊張しっぱなしでした。しかし、アットホームな雰囲気と親しみやすいスタッフやファンの皆様のおかげで、非常に素晴らしく、そして貴重な体験をすることが出来ました。

 

 まあ、ファンミーティングの段取りや子細、そして公開されたアートワークなどは、他の参加者のTwitterやブログを参照してもらった方が鮮度が有る分わかりやすいと思うのですが、一応印象に残っていることなどを書き綴っていきます。

 

 会の中で最も印象に残っているのは、プランナーのワン・ハズメー氏との会話でした。ハズ氏とは会がスタートする前の時間からいくらかお話をする時間をいただき、その後席が隣になったことも相まって、非常に親切にして頂きました。中でも、1月末のATRで田畑Dが、「β版(全仕様が入り、バグフィックスローカライズ、ポリッシング等のみを残した状態)に入ってないと発売日を発表出来ないというのが、スクエニ内部での決まり」と仰っていたことに関連し、「それってつまり、3月末の発表会までにβ版が完成するスケジュールになってるということなんでしょうか」とお尋ねしたところ、満面の笑みで「その通り!」と答えていただき、「だから今、忙しいんです」と言って目の下の隈を見せてくれました。そのお言葉で、XVが発売される日が確実に近づいているのだと改めて実感しました。

 

 スタッフの方々が口々に、「開発現場をもっとファンの方々に身近に感じてもらいたい」と仰っていたのも印象的でした。既にユーザーとデベロッパーの間にかつてのような上下関係は存在せず、ユーザーからのフィードバックをどんどん受けたい、そのためにもっと両者の距離を縮めたい、とのことでした。

 

 また、ブログ担当のタジー氏が、公式ブログに投稿した僕のコメントを覚えてくれていたようだったのも、とても嬉しかったです。今週からは、3月末の「UNCOVERED FFXV」関連(予定)の企画もスタートするらしいので、とても期待しています。

 

 ファンの方々非常に「熱い」人ばかりで、XVについて今まで語り合えるような人間が周りに居なかった僕にとっては、本当に素晴らしいひと時でした。

 

 Twitterでも言及されていた通り、今後もファンミーティングは継続されていくようです。今回とは少し違う形態をとることも考えられるでしょうが、しかしファン同士で交流する機会の素晴らしさは変わらないと思います。今後の機会も楽しみにしています。

FF15(FFXV)は今もファブラ・ノヴァ・クリスタリス作品なのかどうか

 

 3月末の大きな発表会とそれに伴う発売日発表に向け、各方面で動きを活発にし始めているFFXVですが、元となったヴェルサス13の発表以来10年近くの月日が流れたためか、その情報についてかなりの錯綜および議論が起きています。

 今回はそういった混乱の代表例の一つ、「FFXVは今もファブラ・ノヴァ・クリスタリス作品なのかどうか」について、現時点で言えることについて考えてみたいと思います。

 (注意:本記事の焦点は、あくまでファブラ神話に関するものです。その他の変更点、そしてその是非については深く触れないことをご了承ください)

 結論から述べます。

FFXVがもはや全くファブラ・ノヴァ・クリスタリス関連作品でない、とは、必ずしも断言できない」

 あいまいな物言いになってしまいましたが、上記の疑問に対する第一の回答としてはこうなります。では、順を追って考えていきましょう。
(以下、箇所によってはファブラ・ノヴァ・クリスタリスを「FNC」と略表記します)

前提

 まず、そもそもの話を端的に書きます。

 FFXVは、当初「ファイナルファンタジー ヴェルサス13」として、「ファイナルファンタジー13」「ファイナルファンタジー アギト13」と共に2006年に発表されました。名前から分かる通り、FF13の関連作としてプランニングされていたのです。

 しかし関連と言っても、単なる続編やスピンオフではありません。どころか、FF13とストーリーやキャラクター、世界観すら共有していないのです。では何が関連しているのかというと、それこそが「FNC神話」なのです。

 日本語に訳すと「新しいクリスタルの物語」となるこの神話をモチーフとした、3つの異なるFF13を作る、それが「ファブラ・ノヴァ・クリスタリス ファイナルファンタジー13」構想であり、その一環としてヴェルサス13が発案された、ということです。言ってみれば、「FNCを共通項としたアンソロジー、コンピレ―ション作品群」といったところでしょう。

 しかし、この構想は諸般の事情により変更を余儀なくされることとなります。まずアギト13が「FF零式」と改題されることとなり、そして2013年のE3において、ヴェルサス13も「FFXV」へと改題されました(この時点ではあくまで改題)。そしてFNC計画の中らも、いつのまにか「13」の数字が消えたのです。「諸般の事情」についての詳述はまた後日にしますが、しかしこの時点においては変更はあくまで名称のみにとどまっていました。

 ここまでで把握してもらいたいのは、当初FFXVはFNC作品の一環として生み出された、ということです。

 変更

 しかし、ある時期から、FFXVがもはやFNC作品でなくなってしまったという可能性が指摘されるようになります。そのきっかけは、ディレクターの交代と、ステラとルーナというキャラクターでした。

 ある時に、FFXVの担当ディレクター人事に変動がありました。野村哲也氏の単独ディレクター制から、田畑端氏と野村氏の共同ディレクター(コディレクター)制となったのです。そしてさらに暫くし、2014年のTGSの頃となると、野村氏は担当から外れ、田畑氏の単独ディレクター体制へと変更されました。

 田畑氏は当初、野村氏の意向を引き継ぎ、ヴェルサス13時代からの設定の変更は無い、としていました。しかし2014年のTGSにおいて公開されたトレーラーが、その発言に疑問を呈すきっかけとなりました。トレーラーにおいては、かつてヴェルサス13でヒロインとして紹介されていたステラという女性キャラクターに代わり、ルーナという新たな女性キャラクターがフィーチャーされていたのです。そしてその後の12月に発表されたトレーラー、翌年3月に配信された体験版においても、ルーナがフィーチャーされ、そしてステラは登場しませんでした。

 

 そして体験版配信後の、2015年のアクティブタイム・レポートにおいて、以下の旨が田畑ディレクターにより伝えられました。

  • FFXV本編において、ステラは登場せず、代わりにルーナがヒロインとして登場する。
  • ヴェルサス時代の、首都インソムニアにおけるパーティーシーンと、それに伴う首都脱出シーンは没案となった。
  • 理由は、当初FF13と同様の連作として出す予定であったのが、会社方針の変更により一作完結にすることとなり、ストーリーをそれに合わせ変更したため。

 この時点においては、設定変更があることは確かでも、一見するとFNC神話から外れたとまでは言えないように思えます。しかし、「ステラ」というキャラクターが持っていた能力、そして「インソムニアにおけるパーティーシーン」について考えると、話は変わってくるのです。

  端的に言うと、FNC神話には「エトロ」という死を象徴する神が登場します。ヴェルサス時代において、主人公のノクトと、そしてステラは、そのエトロの光を見る力がある、という設定でした。それについて二人が会話を交わすのが、件のパーティーシーンでもあります。そしてそれらが削除されたことは、上記のエトロに関する設定も削除されてしまったことを意味するのでは?という推理がなされたのです。

 このような根拠から、FFXVにおいてFNCの要素を完全に排除するような力学が働いているのでは、と見る向きが出てきたのです。

 そして、この推測に対しての一定の回答が、2015年夏ごろに行われた田畑氏へのインタビューにより出されたのです。
 以下では、そのインタビューについて検討していきたいと思います。

 

インタビューからわかること

 

まずは、ファミ通の、8月初頭、ドイツのゲームズコムにて行われたインタビュー。

www.famitsu.com

――ではもうひとつ。神話や神についての設定は、『FFヴェルサスXIII』から『FFXV』への移行により変更があるのでしょうか。

田畑 『FFXV』にする段階で、そこまでに固まっていた設定については、神話とは強く絡めず『FFXV』の設定として取り込んでいます。ファブラの神話として出てくるものではありませんが、ベースとして活きています。

――表現のしかたが異なると。

 

続いて、GameSpotによる、アメリカのPAXにて行われたインタビュー。

www.gamespot.com

When Final Fantasy Versus XIII was announced, Square Enix said it would be part of Fabula Nova Crystallis, a series of Final Fantasy games connected by their themes and mythology. According to Tabata, Final Fantasy XV is no longer connected to the Fabula Nova mythology, and is thematically much different than Versus XIII was, though some design elements remain.

The woman in the Final Fantasy XV logo--drawn by series artist Yoshitaka Amano--isn't necessarily Etro, the goddess of death mentioned in earlier trailers for Final Fantasy Versus XIII. She is, however, the most important goddess in XV's world, and Amano's original sketch of her was the inspiration for her character.

 

そしてIGNによって同時期になされたインタビューです。

www.ign.com

 

“It’s a little bit rough, but in terms of how much it had progressed in terms of development, Versus XIII was around 20 to 25 percent,” Tabata told IGN via translator. “In terms of character designs or visuals, nothing really had been fixed at that point. We were still working on updating it and revising those designs.”

Tabata says that development on Final Fantasy XV started around three years ago, and Versus XIII “was being developed up to the point that XV started development.”

“With regards to that overarching universe and setting for the world of Versus XIII, it was constructed around the Fabula Nova Crystallis setting, so there was a certain amount that had been included and decided upon,” Tabata explained. “But when we shifted toward XV, obviously we took that apart and evaluated what would make sense and what wouldn’t. So there’s portions that remain from the earlier Versus XIII, but then there’s portions which evolved or changed due to the change in the direction of the title.”

  この三つの内、一番過激な表現をしているのはGameSpotです。" Final Fantasy XV is no longer connected to the Fabula Nova mythology "、「FFXVは最早FNCとは繋がっていない」と書いています。これだけを見ると、完全にFFXVとFNCは縁が切れてしまっているように見えます。しかし残りの部分と、そしてファミ通とIGNの記事を総合してみると、必ずしもそうは断言できないことがわかります。

 IGN記事の下線部は、おおよそファミ通の記事と同じことを言っています。(訳:XVに移行する際、我々はXVの要素を細分して、何が意味を持ちで、何がそうでないかを確認しました。ですから、ヴェルサス初期の要素から残っている部分もありますが、他方新たに進化したものや、タイトルの方向性の変更から変えられた要素というものもあります)

 つまり、先述したXVの方針転換(一作完結)により、ストーリーを再構成した際にヴェルサスの要素が変更されたことを言っているのです。

 注目すべき最初の点は、ファミ通の「そこまでに固まっていた設定については、神話とは強く絡めず『FFXV』の設定として取り込んでいます。ファブラの神話として出てくるものではありませんが、ベースとして活きています」でしょう。これは即ち、神話を基にして作られたヴェルサス時代の設定を部分的に引き継いでいる、ということを意味します。つまり、XVの設定を通してヴェルサスの片鱗を見て、その中にFNCの影を見る、といったような可能性は許容されていると考えられます。

 二点目に重要なのは、GameSpotの”The woman in the Final Fantasy XV logo--drawn by series artist Yoshitaka Amano--isn't necessarily Etro”です。訳すると「FFXVのロゴに描かれている女性は、必ずしもエトロではない」となります。その後には、「但し作中においては重要な女神となる」という内容が続きます。これは否定的な文面に見えますが、しかし「必ずしも」という文面と、先の「部分的に引き継いでいる」といったことを鑑みてみると、エトロと全く別の存在である、とも言いきれないのです。つまり、エトロに類するような役割を作中で演じるかもしれないのです。

 

 本作において、FF13シリーズにおいて揶揄されていた「ファルシ」「ルシ」等の固有名詞が出ず、神話が前面に出されない、ということはヴェルサス時代から言われていました。(以下参照動画)

www.youtube.com

 

 しかし他方、かつてはFNC関連作品としてがっつり食い込んでいたのに対し、現状はそうでないことは確かです。

 FNC作品であることを、「FNCを共有し、それをベースとし、逸脱せずに作られた作品」と定義するならば、FFXVは明確にFNC作品ではありません。しかしFNC要素は、原案やアイデアの元として、引き継がれていることは確かなのです。情緒的ではありますが、それはある意味神話的であるようにも感じられます。プレイ中は全くFNCとは感じられないが、プレイ後に各要素を検討してみると、実はFNCと対応する要素があった、くらいのことはあり得る、というわけです。

 

結論

 まとめると、

  • FNC作品であることを、「FNCを共有し、それをベースとし、逸脱せずに作られた作品」と定義するならば、FFXVは明確にFNC作品ではない。
  • しかしFNCの要素は、ヴェルサス時代から原案として部分的に引き継がれている
  • 完全にXVからFNC要素が消滅したとは現時点では断言できない

となります。この結論に抱く感想は人それぞれでしょう。しかしそれはここでは問題にはしません。

 しかし言えることはあります。開発中のゲームにおいて、変更があることは当然のことです。それは単なる内容に限らず、その時点の状況を基に出された開発者の発言についても同様です。しかし他方、それが10年近くのタイムスケールとなると、ファンの間で醸成された熱意や期待というものも無視できません。FF15を取り巻く特殊な環境と経緯が、今日の混乱の一端をになっていることは論を待たないでしょう。無論、それでは説明できない動きというものも存在しますが。

 

 結論が出たところで今回はこれくらいにしたいと思います。次に考えたいこととしては、

「クリスタルの設定は今も変わっていないのか」や、「国王レギスの外見の変更の理由について」等があります。まとめて更新するかもしれません。